FC2ブログ

かたすみで。

発達障害と...

不思議ちゃんから不思議さんへ。


また、例の同棲相手からも不思議さんだと言われている。

不思議ちゃんは成長しても不思議さんにしかなれないのか。

なぜそう思われたのかという一例では、
彼が私と初めて会った日に、
私はごぼうのことばかり気にしていたというのだ。

カフェの帰りにスーパーに行くと伝えると、
彼も付いて来ると言ったので、
一緒にスーパーの野菜売り場を目指して行った。

これは土付きじゃないからダメ、
これは細い、などと私は土付きの良いごぼうを探し求めた。

次はパスタ。
この形状じゃない、○分じゃない...と結局買うのをやめて、
ごぼうを2本手に持ってレジへ向かった。

それが不思議??

こんな時って女性はちょっとカワイコぶらなきゃいけなかったのだろうか。
とはいえ、何をカワイコぶって買うのか分からないのでごぼうを買うしかない...。



*成人発達障害ブログランキング*

高学歴の男性群。


娘の希望で、
高学歴、高収入が再婚相手の男性が条件なので、
まずは高学歴に絞って会ってきた。

私が会ってきた東大、早慶の男性達似言えるのは、
これまぁ、情緒的な趣味がないということだ。

(私の知人の早慶OBはそんなことないのになぁ...。
だから売れ残っているのだろうか...。)

私が同棲した高学歴の相手に関しては、
本も読まない、音楽にも詳しくない、映画も観ない、絵に感動しない、などなど。

それで、私は一昨日別れを切り出した。
一生この人と何を楽しみに生きていけば良いのか分からなくなったのだ。

そして今はまた、婚活をやり直したいと思っている。
娘の条件は置いておいて、私の条件がだんだん見えてきた。

質の良い本を読み、芸術に造詣が深く、神経質でない男性だ。

もうこの基本があれば誰でも良いという気さえしてくる。

しかし、編集者、作曲家、バイオリニスト、絵描き、の男性にも出逢ってきたけれど、
また何かが違うと自分の中で折り合いが付けられず、
疑問を感じ始めて迷うんだろうなぁ。

それはもしかしたら、私には好きな相手、作曲家がいるからかもしれない。
例の同棲男性は、作曲家との浮気を容認してくれており、
こんな男性はなかなかいないだろうと、迷いが生じているのも事実だ。

という訳で、今日は作曲家のところへ行って、
ピアノのコード進行を教えてもらった。

あー久しぶりにピアノを練習したよ。
私の部屋にはピアノがないけど、今もコードが頭の中を巡っている。

最後に、浮気者の私よ、好きでもない相手と結婚して何が楽しいのかね?


*成人発達障害ブログランキング*

友達を埋めよう。良い子(女子)達は地獄へ。



思春期の私の心をまるで写し取ったかのようにも感じ、
今でも尚、共感し思春期を思い出してしまう。




歌詞和訳|Billie Eilish - bury a friend
【Musique Non Stop】




歌詞和訳|Billie Eilish - all the good girls go to hell
【Musique Non Stop】



*成人発達障害ブログランキング*

半同棲を1カ月間やってみた。


婚活アプリでお付き合いを決めた人がいる。
ブログを書く時間も余裕もなく、
ただ、彼の部屋で家事をすることがひたすら楽しく感じていたが、
彼のケチさが目につくようにもなってきた。
そこで、
口頭で伝えると考える間もなく余計なことを言ってしまうと思い、
先ほど考えたつもりでLINEに「ケチ」だと書いたのを修正しようとしても、
もう遅いだろう。
婉曲に伝える方法も傷つけない方法も分からず、
やっぱり上手くいかない...。

*成人発達障害ブログランキング*

診察からの上野。


1週間振りの診察。
今回のメモは少なく、
単調に綴った睡眠時間のメモを先生が読んで、
薬を飲んでるから特定は出来ないかもしれないけど、
睡眠の先生に診てもらおうかぁということになった。

1月はPTSD系の診察、
2月は睡眠の診察。
色々診てもらえて有難いのだが、
これで何かが判って何かが良くなるのだろうか...と複雑だ。

その後、婚活の人と第九を観るために上野へ。

待ち合わせまで時間があったので、ゴッホ展に行ってきた。
閉館ぎりぎりまで観ていて、
出てからカフェに行った時にはへとへとに疲れて、
手に持ったカップが揺れる程だった。

私が大好きなパリのオルセー美術館だったら、
もっと色々な作家の作品が沢山あるし、
カフェで休憩も出来るし、
群れずに観られるし、
とオルセーには4,5回しか行っていないが、
上野の美術館に行く度に比べてしまう。

それから、変な格好をした...おしゃれというのか、
アート系というのか、そんな感じの女性が、
ガムを噛みながら間に何度も割り込んで来るのに呆れたり、
まぁそういうのも手帳で無料ということで割り切った。

そして、次は第九。
良かった、良かった。
こちらも手帳でA席が半額で取れた。
婚活の人も良い人だった。

恐れていた上野からの帰りは、やはり苦手な満員電車。
前に倒れかけたり、
他人に触れるのがよく平気だなと我慢を重ねつつ岐路に着いた。

寝る準備は出来た。

メリークリスマス☆



*成人発達障害ブログランキング*

加速するひきこもり...。


診察後の睡眠状況はこの通り。
今は3時半頃。
今日は夜に眠るのをまた諦めた。

12月18日
16時から21時(4時間)

12月19日
1時から19時(18時間)
20時から23時(3時間)

12月20日
0時から3時(3時間)
5から16時(11時間)
夜不眠

そして、今日は12月21日。
何時に眠れて何時に起き上がるのか分からない。
お昼に寝ておくべきか止めておくべきかも分からない。
体を動かして睡眠を促すべきか...
そうやってその後に24時間程眠った時もあった。

部屋に閉じこもり、眠ってばかり。
せめて作業所に行けたらと願うが、これでは雇ってもらえないだろう。
ときどき、自助会とか当事者会とか目にするが、
出来るだけ電車に乗りたくない上に、
必要最低限の人としか会話をしたくなくて、気が向かないという我儘。

婚活で会う約束をしている人がいるけれど、
事情が複雑で不安も感じるし、
そもそも過眠で約束の時間に間に合うか自信さえもない。

私、なんで生きてるんだろう...。

*成人発達障害ブログランキング*

睡眠の状況が酷く、診察へ。


ひとつ前の記事に書いた通り、
28時間や24時間眠ることがあって、
過眠症の知人も深刻だと言っていたので心配になり、
今朝、外来に連絡をして診察を受けることにした。

過眠と不眠を繰り返していたのでとても体がだるく、
はぁはぁいいながら病院へ。

そして、診察の番がきていつものように先生にメモを見せた。
すると意外なことに、デパケンはむしろ増やした方がいいとのこと。
あとは、婚活などでの人間関係に気を付けるように言われた。

他に、「郵便局に行く途中にB型作業所があるので、
外から覗いて行きたいなぁと思いました」
と言うと「いいねー!」と先生、
そして「でもこの睡眠だと行けないなぁと思って」と言うと、
「そうだねぇ...」と先生。

睡眠の調整に関しても私なりに工夫してみて、
遠目のコンビニや郵便局まで歩くようにしたり、
お昼に眠くても寝ないようにしたりしていますと伝えた。

しかしそれで結局、薬の調整もなくまた来週の診察になった。
薬の調整でどうにかなるかと思ったのに...。
他の薬でせん妄が出たり鬱や躁になるより、
眠っていたほうがましだと判断されたのだろうか。

そして、診察から帰ってからのこと。
今日は17時頃に眠った。
私としては、明日朝に起きる計画でいたのだが、
目が覚めたのは20時頃...。
3時間位しか眠っていない...。

もうだめ(涙)


*成人発達障害ブログランキング*

過眠でかなり辛い。


12月11日に診察だった。

先生から「睡眠は相変わらずですか?」と聞かれて「はい」と答えたが、
どんどん過眠が酷くなってきているように感じて、
睡眠時間を記録することにした。

診察に提出するためのメモ↓

12月12日夜は不眠
12月13日20時頃から
12月15日0時頃まで(約28時間)寝て、
その2時間後、
12月15日2時頃から7時頃(約5時間)迄寝た。
12月15日18時頃から20時頃(約2時間)迄寝た。
知人のアドバイスでデパケンを2錠抜きました。
12月15日夜は不眠、
12月16日17時頃から、
12月17日17時頃迄(約24時間)寝た。


そして、今日12月17日夜は不眠だ。

睡眠が整わず、体もきつい。

このままでは仕事にも行けないと思うし、
再婚して家事をすることさえ自信がない。

今は夜中3時頃なのだが、
夕食をとって薬を飲んだ後の午後10時頃から、
目を瞑ってほぼずっとベッドに横たわっていた。

あんなに眠ったのだから眠れないのは当たり前かもしれないとは思うが…。

今はもう眠るのを諦めて、
今日はどうやって何時に眠ってみるかまた計画を立てている。

しかし、上手くいくかも分からないから眠ることが本当にストレスだ。

過眠だけではなく、
過集中や躁の時には2晩続けて徹夜をする事もあって、
ずっと睡眠の安定が課題なのに13年以上整わないまま。

もう普通の生活が送れないのが苦痛で仕方ない。



*成人発達障害ブログランキング*

今日の診察、そして祖父。


診察。
今日も長文メモを読んでもらった。
先生と話したのは、パニックになったときの対処法だ。
前の主治医が絶対に言いそうにない、
マインドフルネスや深呼吸などをアドバイスされた。

数日前に悲しいことがあったので、
寂しさを紛らわすために、
祖父が大好きだった料理、
鮭のにぶたしという郷土料理、
焼き鯖、
さつまいもの天ぷら、
を作ろうと病院の帰りにスーパーで食材を買って帰った。

祖父と二人暮らしの時に、
何度この料理のローテーションをしたか分からない。

入院していた祖父に最後に差し入れたのが、
さつまいもの天ぷらだった。

祖父にとても会いたい。
ひとりっきりでも悲しくならないように、
祖父のお骨を東京に持って来ればよかった。

泣いてもきりがない。
祖父に今日も話しかける。
「しっかりせんかい」と言われている気がする。

*成人発達障害ブログランキング*

帰省中のてんやわんや雑記。


初めてブログをスマホから書いている。

只今、九州に帰省中。

まだ見舞いには行っていないが、
父は今、呼吸器を付けているそうだ。

年金をほぼ未納にしていて、
医療費も借金返済も出来なくなり、
とうとう生活保護を申請したと聞いた。

周りからは裕福だと思われていた私達家族が、
経済的な所からもガラガラと崩れ落ちる。

父と離婚をした母は経済的に恵まれている方だったが、
他人に1千万円位上のお金を貸していて、
現在たったの月々10万円しか返済がなく、
老人ホームにも入れられないと危惧した私は、
帰省してすぐに弁護士相談に行き公正証書の作成依頼をした。

他には昨日、今日と包括支援の方が訪問にいらして、
母を精神科に連れて行った方が良いと言われ、
アルコール依存症の治療が出来る病院に問い合わせをした。

来週火曜日はデイサービスとの契約やホームヘルパーさんのことでまた訪問がある。

予感はしていたが、
ケアマネージャーさんに改めて聞いたところ、
やはり母にはもう認知症が見られるとのことだった。

上記をまとめて姉に伝えた時に、
逃げ、押しつけ、勝手、無駄、諸々と、
姉から九州に帰るように言われた。

普段から神経質に金切り声を出し、
異常な姉だと思うのだが、
縁を切りたいとしばしば思いつつ切れないでいる。

知人が逃げるのもアリだと言った。
こっちに帰ってきたら精神状態は悪化する気がしている。

家族から逃げよう。
勝手だが自分の身を守るのが先だ。

そうやっと思えるようになった。



*成人発達障害ブログランキング*